急な心肺停止状態になってもAEDがあれば安心

残土の資源化に威力を発揮

作業員

振動篩機は、建設作業や土木作業などに伴って排出される残土をふるい分け、上質な黒土を生み出す機械です。石や砂利、コンクリート片などの異物を排除し、肌理をそろえて、残土を造園用土などさまざまな用途への再利用が可能な資源へと転換します。

もっと見る

軟水を使うメリット

ウォーター

業務用軟水器は水を軟水にするための装置のことです。軟水にすることで、洗浄力を高めることができますし、また軟水を使った場合には料理に適した水であるため飲食物を提供する際に向いています。一方で業務用軟水器は処理能力がそれぞれ異なるため使用している水の量に合わせて選ぶ必要があります。

もっと見る

命を救う機器

ハート

心肺停止状態になるとその命を救うには、素早い対応が必要になります。救急車を呼んでも間に合わないことが多いため、公共の場には、心肺停止の状態を救うための設備であるAEDが設置されていることが多くなっています。行政などの呼びかけなどが効果を出し、AEDの設置数は多くなっていますが、日本全国ではまだまだ少なくなっています。大きい設備の中では、一か所だけ設置しても意味がありません。見つけやすい場所とすぐに対応できる適正な間隔で設置することが望ましいのです。設置するにはコストがかかります。また定期的な消耗品の交換やメンテナンスも必要とします。使用せずに終えることが最も望ましいのですが、万が一の対策としてAEDの設置は必要なのです。

AEDは数十万円する機器です。そのため購入となるとイニシャルのコストが高額になります。そのためレンタルやリースを活用することもできます。しかし耐用年数期間をレンタルやリースをすると購入以上のコストがかかります。そのため、短期間のイベント等以外においては、購入する方がトータルではお得となります。リースを利用しても、購入にしても保守やメンテナンスは必要になります。最近の製品には、メンテナンスパックになっているものもあり、一定期間内であれば、保守料金やメンテナンス料金が無料になっているパッケージもあります。製品は国の基準をクリアしていることが条件となりますので、品質に差はありません。そのため保守やメンテナンスを考慮した製品探しが大事です。

汎用性のある溶接機

レーザー施術

yagレーザー溶接機は熱による歪みが少なく、品質の維持に熟練を要しないのが特徴です。本体が高価な上にメンテナンスにも費用がかかるという弱点がありましたが、最近では比較的低価格の製品も発売されています。

もっと見る