汎用性のある溶接機|急な心肺停止状態になってもAEDがあれば安心

急な心肺停止状態になってもAEDがあれば安心

汎用性のある溶接機

レーザー施術

コスト面でも改善

yagレーザーは特に美容外科や美容皮膚科で導入が進んでおり、また虫歯を削ったり椎間板ヘルニアを治療したりするにも使用されています。こうした医療用の装置に比べて、まだ日本ではyagレーザー溶接が、それほど普及しているとは言えません。その理由のひとつは、コストが高額になることでしょう。中規模の溶接機でも本体価格が数百万円以上する上に、高額な部品を定期交換しなければならず、メンテナンス費用にも注意が必要です。とはいえ最近では、低価格帯のyagレーザー溶接機も発売されています。資金に余裕のない中小企業でも導入しやすく、維持費も抑えられているのが特徴です。さらに節約したいなら、中古の溶接機を購入するという方法もあります。

非熟練でも品質を維持

手先が器用で熟練した職人の多い日本では、従来の溶接でも十分な品質を維持できる場合が少なくありませんでした。しかし職人の高齢化は不可避であり、今後は非熟練の労働者が増えると考えられます。熟練なしで従来通りの品質を保つには、誰でも簡単に使える機器の導入が必要になります。そうしたニーズに応える製品のひとつがyagレーザー溶接機と言えます。yagレーザーは高エネルギーを利用して高速で溶接できるため、熱による歪みが少ないという特徴があります。安価な機種でも定型的な作業なら、十二分に性能を発揮できるでしょう。もちろんyagレーザーにも不得意な作業はあるので、実際に現場で使えるかどうか試してみることが大切です。