残土の資源化に威力を発揮|急な心肺停止状態になってもAEDがあれば安心

急な心肺停止状態になってもAEDがあれば安心

残土の資源化に威力を発揮

作業員

異物を取り除き品質向上

建設現場や土木現場では、地面に穴を掘削したり斜面を平にならしたりといった作業の過程で、大量の残土が出ます。この残土は埋め戻し材のほか、造園・農業・ゴルフ場の整備などさまざまな用途に使うことができます。ただ、出土したそのままの状態で使用することはできません。というのも、土の中に小石や砂利、あるいは工事中に飛散した木くずやコンクリートがらなど、各種の異物が混入しているからです。資源化するためには、こうした異物を取り除いて品質を均一にしなければなりません。このような場合に利用すると便利なのが、振動篩機です。振動篩機は、土と異物をふるい分け、雑多な状態の残土を純度の高い黒土に変えることができるマシンです。

解体ゴミの処理にも貢献

振動篩機はその名の通り残土をふるい網にかけ、機械自らが振動することで網目からはじかれた異物を除去する機械です。ケーキ作りなどで粉の粒目をそろえる際に行う「ふるい」の作業をスケールアップして行うようなイメージです。振動は縦揺れ、横揺れ、回転式などさまざまなタイプがあります。網目の口径は何段階かに調整できるので、ニーズに合わせて肌理の細かさをコントロールすることができます。自走式のものは、残土をわざわざ運ばなくても現場に直接設置できるため非常に便利です。この振動篩機は、解体ゴミの分別にも利用できます。建設リサイクル法の施行によって解体業者はゴミの再資源化に注意しなければならなくなりましたが、振動篩機はその分別作業を効率化するのに役立ちます。